13回忌とは|寺院依頼方法/お布施   


十三回忌とは亡くなってから満12年に行う法要で七回忌の後に行います。13回目の命日を迎えるということで十三回忌といいます。一般に十三回忌以降は少しずつ供養の規模を縮小し、 招く人数も絞っていきます。ごく家族だけで行う場合も増えてきていますが、十三回忌の命日までに僧侶を家庭の仏前に招いて十三回忌法要を行っていただくことが一般的です。

[寺院依頼条件]地域・宗派・日時により記載費用で可能な寺院が法要を担当します。『寺院紹介の確認事項』を必ず読んでご依頼ください。具体的な内容を説明しています。
[対象地域]東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県。または、別途交通費等を相談の上、日本全国。(対象地域詳細

檀家になっていない方の法要依頼受付です。予め、法要内容・お布施・日時等を確認し、家の宗派に合わせて都合の合う寺院・僧侶が担当します。檀家にならないと依頼できない本堂利用は非対応です。可能な法要会場は、ご自宅・墓前・ご自身で借りた法要室です。詳しくは、依頼フォームにご記入後、打ち合わせさせていただきます。

ネット受付 : このページの項目に記入することで依頼/申込みができます。
[確認事項]「内容確認画面へ」より「送信する」を押していただくことにより依頼できます。その後、担当寺院など詳細確認していただいた段階で依頼が成立します。